包丁

改めて見直したい日本の伝統工芸品!出刃包丁の魅力を紹介

出刃包丁の種類を知ろう

最近、スーパーで切り身が売られていたり魚屋さんがその場でさばいてくれることから出刃包丁が無い家も増えてきたと思います。そんな中、私は新鮮な魚を丸ごと購入しお刺身やマリネ、煮つけなど様々な料理を自宅で作りたいと思っていました。いざ出刃包丁と購入したいと調べたところ、一言に出刃包丁と言っても種類や素材が様々とだということが分かりました。今回は、出刃包丁の種類についてご紹介したいと思います。
【本出刃包丁】大きな魚を丸ごとさばく用の出刃包丁です。切れ味が良く魚の頭を落とす時や、骨ごと切る時に力が入りやすい出刃包丁です。切れ味が良い分重量感もあり使いこなすことに時間がかかる可能性もあります。
【中出刃包丁】薄手で重量感も本出刃包丁ほど無く日常使いに使用しやすい出刃包丁です。三枚おろしをする際に使いやすく、初めて出刃包丁を使用される方や女性にお勧めです。また、魚以外にも使用しやすいので主婦の普段使いの包丁として良いと思います。刃が薄いことから骨を切るほどの力はありません。
【小出刃包丁、鯵切り包丁】鯵などの小さな魚にお勧めです。包丁の大きさはどちらも9~12cm程度の包丁で、厚みが異なるので魚の身の厚さによって使い分けると良いと思いますが小出刃包丁は刃が厚いので骨ごと切ることもできます。私は使い勝手の良い中出刃包丁と子魚用に小出刃包丁を購入しました。魚や料理によってを使い分け重宝しています。

見所一覧