包丁

改めて見直したい日本の伝統工芸品!出刃包丁の魅力を紹介

出刃包丁の素材

一言に出刃包丁と言っても種類や素材が様々だということはご存知でしょうか。今回は、出刃包丁の素材である「鋼」と「ステンレス」の違いと特徴についてご紹介したいと思います。
【鋼】鋼の特徴は何よりも強度と切れ味です。重量感もあります。しかし、鋼の特徴は錆びやすいことです。包丁を使用した後には手入れをしなければすぐに錆びてしまうのです。手入れも使うたびに熱湯をかけ乾燥させ、定期的に砥石で研ぐ必要もあります。長く使用するために、油を塗って新聞紙で包み風通しの良いところで保管する必要もある点からご家庭で使用するには少し手間がかかり不便かと思います。
【ステンレス】一方ステンレス製の出刃包丁は軽く扱いやすいことが特徴です。しかし、定期的に研いであげないと切れ味が悪くなることも特徴です。現在は、柄の部分もステンレスで扱いやすく手入れが簡単なものがあります。つまり、従来の包丁のように柄がゆるんだりすき間に水分や汚れが溜まることが無いので清潔に保てるのです。水分が柄の隙間から入ることがないので柄が腐って柄が抜け落ちてしまう心配もありません。このように鋼とステンレスという素材の違いも出刃包丁を使用する上でのポイントです。ご家庭でまず購入されるのであれば、扱いやすいステンレスがお勧めです。

見所一覧