包丁

改めて見直したい日本の伝統工芸品!出刃包丁の魅力を紹介

出刃包丁を買おう

皆さん、出刃包丁を持っていますか?ペティナイフは持ってる人も多いと思いますが、かなりの料理上手か、和食好きの方以外は出刃包丁までは持っていない、という人も多いのではないでしょうか。出刃包丁は、和食料理に使われる包丁で、主に魚をさばくときに使われます。一般的な万能包丁よりも厚みがあり丈夫ですので、硬い魚の骨を断つこともできます。
しかし今は、魚は切り身で売られているので、必要性が薄くなってきているのでしょう。でも、実はいろんな使い方があるんです。出刃包丁は普通の包丁よりも厚みがあるので、硬いものを切るのにとても適しているのです。なので、魚の骨を断つ以外にも、いろんな料理に使うことができます。この頃は共働きの家庭が増えてきましたね。昔と違って、お母さんは仕事をしながら家事もしなければいけません。
時間がないお母さんが、冷凍テクニックを駆使した色々な本が出版されていますね。食材まとめ買い、一週間の夕食ストック冷凍作り置き、下味冷凍、etc…下味冷凍しておいた食材や、冷凍しておいたスープストックを小分けにしたいとき、万能包丁で切ろうとすると刃こぼれしたり、不安定で危険な時があります。そんな時は出刃包丁を使ってみましょう。固いものを切るのが得意な出刃包丁なので、安定してきることができます。解凍せずに切り分けれるので、時短になりますよ。

最近あまり使うことが無くなりましたね

私の家にも、ちゃんと出刃包丁はあります。柄には何やら名の入ったものです。以前はよく使っていたのですが、最近は魚をさばくこともほとんどなくなったので、使うことがないですね。なので研いでもいません。どうして使わなくなったのでしょう。日本人の食生活が変わったわけではなさそうですが、スーパなどの販売方法が変わってきたという事が一つの原因として考えられるでしょう。
最近のスーパーでは、一匹の魚もちゃんと三枚におろしたり、頭から内臓まで綺麗にさばいてくれますので、自宅でさばくことは殆どなくなりましたね。今は三徳包丁があれば間に合う時代なのですね。野菜でさえもちゃんとカットして売っていますし、総菜コーナーではすでに出来上がった総菜が何種類も売っているので、自分で作ること自体もだんだん減ってきていくのではないでしょうか、と思います。
それに合わせたように、包丁特に出刃包丁の利用範囲は減る一方ですね。腕を振るってみたいのですが、なかなかそのチャンスも無くなってきたのです。これからますますと出刃包丁の出番が減ってくるのでしょうけれど、日本料理には欠かせない包丁なので、板前さんなどは必ず持っています。これからも良い出刃包丁を作り続けていってほしいですね、美味しい日本料理のために。

1家に1本あれば便利な包丁です

小型でしっかりした作りで使い勝手の良い出刃包丁ですが、最近では万能包丁も進化しておりあまり見かけなくなってきた出刃包丁ですが、各項目に分けて出刃包丁の素晴らしさを再度確認してみましょう。
1.出刃包丁とは
出刃包丁とは一般的に刃渡りが10センチ~15センチの物で、背の部分が厚くなっており、魚を調理するのに便利な作りになっている片刃の包丁の事を出刃包丁と言います。作りがしっかりしていますので、刃こぼれしても修復が可能で末永く使う事が出来るのが出刃包丁の良さではないでしょうか、片刃になっているのは理由が有り、魚を下した後、皮を引く時に片刃になっているので綺麗に皮をはぐ事が出来るようになっているのです。
2.出刃包丁の便利な使い方
包丁の中でも小型の包丁でしかもしっかりした作りになっていますので、硬い野菜「南瓜・ゴーヤ」等を切る時にその便利さは良く分かると思います。当然魚を切る為の包丁ですから、魚の調理にはかなり適応しています。
万能包丁が進化して現代では主流で使われるようになってきましたが、刃こぼれをした場合には修復が不可能な物なので、やはりしっかりとした作りでメンテナンスを施せば末永く利用する事の出来る出刃包丁を1本は持っておくととても便利と言えます。

見所一覧